正義のヒーロー / あこ

架空劇団「大日本異端児倶楽部」の新公演「正義のヒーロー」が公演する、

という設定で制作しました。


明治末期から昭和初期にかけて存在した劇団です。

アングラ系で過激な演出が多く、族柄や性別、

誰しも心の中にある抗いたい感情を訴えかけてくる公演が得意。


「なりたい自分に嘘はつきたくない。周りからの意見に惑われされたくない。

私は私の選択した道を進む。」

舞台タイトルは自分の正義を突き進むヒーローからつけました。


正義のヒーローは、私自身の気持ちを全て詰め込んだものです。

好きなものを胸を張って言えなかった頃、

なりたいものが見つからなかった頃の気持ちを落とし込みました。

実際に舞台公演を鑑劇することは不可能ですが、

せめて絵とグッズで、架空劇団「大日本異端児倶楽部」の世界観を味わって欲しいです。


特に、思春期だったり、自分のやりたいことが見つかっていない人、

好きなものを胸を張って言えない人に伝えたいです。

0コメント

  • 1000 / 1000